土平ドンペイのコラムでござる

[2022年6月号] 俳優 土平ドンペイのコラムでござる

田植えも終わり
爽やかな青田風を受けた
かわいい稲に向かい
頑張って大きくなれよー って
つい呟いてしまう

6月になり梅雨入りは いつ頃なの?
蒸し暑かったり 夜は肌寒かったりと ややこしやぁー
そして
今年もそろそろ前半が終わりますやん
過ぎ行く日々が早すぎて
ホンマ どーにもならん …
多くの人がそう思っているのでは?
だから 6月に 時の記念日 があるのかも
よー 知らんけど (笑)

時間を大切に過ごさねば!と
ここ数年、本気で思っている
と言うのも
最近、何十年も前の記憶が頭の中で
蘇ることがよくある
なぜだろう?
楽しかった思い出ばかりなので良いが
ただ、ちょっぴり不安にもなる
残された 俺の人生は
あと、どれくらいなんだろうって…
そう思うと 今、この瞬間は もう戻らないから
悔いの無いように過ごさねば!と真剣に思う
若い頃は ボーッとしたいなぁ~って
思うこともあったけれど
この歳になると その時間が
勿体ないと まで思ってしまう
まだまだ生きる力はありそうです (笑)

職業として歩んで来た 俳優
若かりし頃はもっと有名になって
あんな役や こんな仕事も したい!
と思ったものだが
オジサンに仲間入りした頃からは
「君は有名になるために俳優をしているの?」と
もうひとりの自分が問いかけてくるようになった
決して そうではない
俺は職業として俳優を選んだのだ
だから、欲や煩悩を捨て
目の前のことにベストを尽くすことに
必死のパッチだ!
俳優と言う職業は 山あり谷ありで
外から見える 華やかさなど
まったくと言っていいほどない
耐えて 忍んだ 数十年 だ …
人に夢や希望を提供する職業は
儲からないのだと聞いたこともある
好きでないと続けられない業種だ
ただ、世でいう定年はない
だから現在、55歳の俺は強く思う
これからが人生の本番やで!と
「 70歳で名脇役 」になる
だから 71 で死んでもいい
それくらい強い気持ちを持って
一生懸命に生きている!

そんな中、最近 仕事のオファーに
バラエティーが多く
いつもの映像の現場とは
かけ離れていて
頭の中の整理やら現場の雰囲気やら
慣れないことが多く
脳ミソが疲れますねん (笑)
ただ 仕事内容は面白く
お笑い好きの僕からすると
いつも画面で楽しませて貰ってる方々が
すぐそばに居てギャグをやったりするんですよ
テレビの収録を忘れて
涙が出るくらい笑ってしまったり…(笑)
緊張感もありつつ
目の前のことを一生懸命に楽しんでいる
それで いいのだ!
ある意味、幸せ やん (笑)

人それぞれ違うでしょうが
自分の人生で何が幸せなのか?
しっかり考えることは
大事なことだと思います
年月の流れるままに過ごしていると
あっという間に時間は
過ぎてしまうんだなぁ~ どんぺい (笑)

梅雨寒で体調を崩されませんよう
くれぐれも ご自愛くださいませ!

→ コラム一覧へ