土平ドンペイのコラムでござる

[2022年2月号] 俳優 土平ドンペイのコラムでござる

暦の上では春となりましたが
まだまだ肌寒い日が続きます
電車に乗っていると
車両の大きな窓から差し込む日差しが
とても温かく(暑いくらいの時も…)
この太陽の熱を感じれば やはり 春だ!と
納得してしまう 今日この頃です

春はセンバツから!と昔から
新聞社の宣伝文句がある
この時期になると
センバツ高校野球に出場できるチームの
選考会があり出場校の発表があります
高校野球ファンからすると
なぜかワクワクしてしまうのだ
この日に選考される為には
前年の秋季大会がとても重要になる
県大会を勝ち、全国9地区の地方大会で
上位に残らなければ
選考会のテーブルにも着けません
なので前年の秋季大会は
高校野球ファンからすると
地方の大会であっても目が離せないのだ
身内や隣近所の子供が選手として
出場しているわけでもないのに…(笑)
何十年もこの状況は変わらない
今年も3月のセンバツ本番を楽しみに
選考の日を向かえるハズだった
が… ちょっと待てぇー! と
言ってしまう 出来事があった
それは、東海地区の代表2校を選ぶ内容にあった
今までの場合
秋の東海大会の決勝戦に残った2校が
選出されることが通例だった
それが今回、納得のいかない
違和感だらけの選出がされた
優勝した 日大三島高校は文句なしの選出
2枠目は決勝戦で日大三島と接戦をした
聖隷クリストファー高校が選ばれることが
順当なハズだった… なのに!
東海地区の2枠目には 大垣日大高校の名が…
えっ!? どうして? なぜ?
確かに 大垣日大高校も東海大会で
ベスト4まで進出はしているが
物事を普通に考えれば 準優勝した
聖隷クリストファー が選出されて当然だ
選考委員が どこを基準に見ているのか?
大会での順位が下の学校を選ぶ
本意がどこにあるのか?
疑問だらけで腹立たしい!
何か裏であるのか?と思ってしまうくらいだ
すぐに世の中でも疑問の声が上がったが
選考委員からの明確な返答もなく
聖隷クリストファーに対し失礼とも取れる
選考理由を述べていた…
なんか以前の安倍政権を思い出した
本質を明かさず言葉巧みに
問題定義をボカすところだ!
高校野球は学校教育の一貫ですよ
偏った大人の都合で
若人達の夢を潰さないでくれ
一生に一度あるかないかの甲子園出場
本当に聖隷クリストファー高校の
野球部員や監督のことを思うと胸が痛む…
高校野球ファンの僕からすると
大垣日大高校も好きな学校だが
今回の選考は明らかに間違っている
昨年の夏の甲子園が終わってから
とても楽しみにしていたセンバツ高校野球
今回の一件で少しシラケてしまった
出場校発表があってから 未だ
残念な気持ちでいる

話はガラッと変わりますが
昨秋から撮影に参加していた
連続テレビ小説「カムカムエブリバディ」
ひなた編が、いよいよ始まります!
この ひなた編に 京都太秦撮影所の
轟 強 (トドロキ ツヨシ)監督 として登場します!
色んな所で今回も悪い人ですか?と聞かれますが
今回は悪い人ではありません(笑)
一見、怖そうに見えますが
心は温かいオジさんです(笑)
宜しければ、是非ご覧下さい!

流行病によって
まだまだ気の許せない状況です!
皆さま、充分に予防しながら
楽しみ多き日々をお過ごし下さいませ

→ コラム一覧へ