土平ドンペイのコラムでござる

[2021年09月号] 俳優 土平ドンペイのコラムでござる

この夏は歩きに歩いた
どこかへ向かうためではなく
トレーニングの一環として
1日 2万歩が目標だった
いつもの夏に比べると
天候不順の日も多かったけれど
夏らしい炎天下の日は
ハンパない太陽の力を感じた
熱中症になりそうな時もあったが
やめずに歩いた
太陽の暑さにも耐えられる
体力が必要だと思ったのだ
日差しが強いが日除けをせずに
オイルを塗って歩いた
この夏、小麦色のドンペイが
出来上がった

秋からの作品で体力が必要だと思い
春から歩き始めた
コロナ禍のトレーニング不足で
ダメな肉体になっていたにも関わらず
成果がすぐに数値で現れた
体重はそれほど落ちないが
体脂肪など身体の中身の変化に驚いた
今まで通りスポーツジムにも行っている
ジムでスタジオレッスンを受けた後
靴を履き替え歩き始める

周りが田んぼの農道や川沿いの道
住宅街から旧道まで
その日の気分でコースを選んだ
住み慣れた街なのに
知らない風景や道が
これほど あったことに驚いた

田植えの頃
田んぼに植えられた
小さな稲の苗を見て
今年もいいお米になりますよう
頑張って育つんだよって
歩きながら話しかけていたが
初秋には驚くほど立派に育っていた
時の流れを感じながら
日々、コツコツと歩いた

蝉の大合唱を聞きながら
真夏を感じ
いつしか日が傾くと
ひぐらしが鳴き始めた

ある日、あれっ?そう言えば
蝉の鳴き声が少なくなったと思った
バトンタッチしたのか
秋の虫たちが昼も夜も
鳴き始めていた

蝉たちは短い生涯なだけに
あんなにも激しく鳴き続けていたんだなぁ~と
歩きながら もの哀しくなった

実は、歩くのは体力づくりだけでなく
このような自然の中で見えるもの
聞こえるもの、匂うものを感じ
自分の五感を研ぎ澄ますためでもある

自分の天職である俳優は
この五感が一番重要だと思っている

身体づくり、心づくりと色んなことに役立つ
「歩く」ということ

これからも歩くことは
続けて行こうと思っている
人間は「歩く」ことが基本だと思うから

→ コラム一覧へ